takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

ハイバーとローバーって筋電図活性的に何が違うの?

Instagram

こんにちは。takumaです。

 

note書いていますので良ければご覧ください!↓↓↓

 

note.com

 

前回はストレッチのことについて記事にしました。

 

皆さんもストレッチ良く行うと思うので良ければ見てみてください!

 

tkm233.hatenablog.com

 

さて、今回はスクワットのハイバーとローバーではどちらがどれだけ筋電図が高いかを調べた論文を記事にしていこうと思います。

 

やはりネットなどでハイバーとローバーを比較してどこをどれだけ使うかなどを書いているのはほとんど、おそらくこうだろうな~という予想でしかありません。(かといってこの記事も確実に正しいわけではないのですが)

 

なので、信憑性を少しでも上げるために実験の結果から分かったことを考察していきます。

 

一つの参考資料程度に見ていってください!

 

では、いきましょう。

 

 

 

 

 

方法

 

 

  • 健康な成人男性12名。(うち7人は全米アカデミック選手権に出場予定のパワーリフター)
  • 研究項目は脊柱起立筋(LES)、大殿筋(GM)、大腿二頭筋長頭(BF)、大腿直筋(RF)、外側広筋(VLO)、内側広筋(VMO)。結果の下に画像を貼っておきますので照らし合わせてみていただけるととても分かりやすいです!

 

 

結果

 

 

省略、下記画像をご覧ください!

筋肉の英語略は上記にすべて書いていますので照らし合わせてください。

https://dfzljdn9uc3pi.cloudfront.net/2020/9256/1/fig-3-2x.jpg

 

 

考察 感想

 

 

ほとんどの項目でローバーのほうが筋電図活性が高いという結果になりました。

 

ハイバーのコンセントリック時では足の前側の筋肉がよく使われています。

 

やはりローバーでは相対的に見て重心が後ろに傾くので支える力なども必要になるのでしょうか。

 

身体を傾ける角度が違うので必然的に足の後ろの筋肉がストレッチされるのでその分、筋電図活性が高くなるのではないかと考えました。

 

そして今回の実験の目的とは関係ないですが大殿筋の活性が他の筋肉の2~3倍あることに驚きました。

 

やはりお尻のトレーニングの王道はスクワットといわれるだけあるなと思いました。

 

今回のまとめとしてはハイバーとローバーではローバーのほうが基本的には筋電図活性が高いということでした。

 

では、今回はこの辺で。

 

過去記事

 

人気でした過去記事を貼っておきますので併せてご覧ください!

 

 

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

 

 

 

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日