takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

青年期の人は3週間トレーニングをやめても筋量や筋力が落ちることは無い!?

Instagram

こんにちは。takumaです。

インスタグラム始めましたので上のバナーからフォローお願いいたします!↑↑↑

 

f:id:tkm233:20200626145145j:plain

 

前回は筋トレで筋肉は硬直するのかについて記事にしました。

筋肉が硬直してしまうと可動域や痛みにつながってしまいますが…

気になった方は併せてご覧ください!↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

 

今回は、思春期の人は三週間トレーニングを行わなくても筋量や筋力は落ちないのかという論分がありましたので、記事を書いていこうと思います。

 

このご時世なので、いつジムが閉まってジムに行けなくなってしまってもおかしくありません。

 

毎日トレーニングをされている方は長い間トレーニングができないと不安ですよね。

 

自分も少し不安でした。

 

また筋量や筋力は減少しないのか疑問ですよね。

 

今回はそんな疑問の回答の論文を記事にしていこうと思いますので見ていってください!

 

では、本題に入ります!

 

 

 

 

目的

 

 

  • レーニングを行わない期間(ディトレーニング)後の思春期のアスリートの肥大、強さ、運動パフォーマンスを調べること。

 

 

方法

 

 

  • 21人の男性が対象。
  • 三週間のディトレーニング期間が設けられた。
  • 研究項目は体重、脂肪量、無脂肪体重、筋量、筋肉の厚さ、ベンチプレスとスクワットの1RMやメディシンボール投げの距離投げなど。(筋量、強さ、運動パフォーマンスに関連するもの。)

 

 

結果

 

 

  • BLOCKとDUP(同時に行われていたトレーニング)は有意に効果あり。*本題には関係ないです。
  • 脂肪量は増え、徐脂肪体重は減ったが三週間のディトレーニング期間は青年のアスリートの筋量、強さ、運動パフォーマンスに変化を与えなかった。

 

 

考察 感想

 

 

青年期における3週間のディトレーニング期間は、筋量、強さ、運動パフォーマンスに影響を与えないという結果でした。

 

この結果を聞いて安心した方が結構多いかと思います。

 

しかしこの研究では体力筋持久力の点は言及、実験されていません。

 

今回の自粛期間開けに感じたことは上記に書いた、筋持久力と体力そのものです。

 

自粛期間は2か月間で、今回の研究よりは長いのですが、筋トレで基礎となる体力がとても落ちてるように感じました。それに加えて筋持久力も衰えてると来たのでダブルパンチで萎えました。笑

 

週に3~4回トレーニングして、今三週間たってやっと戻ってきたように感じました。

 

しかし、完全に戻ったとは言えないかな~という感じです。

 

使う重量もあと少しで戻る感じです。長かった。。

 

けど、焦って戻そうとしても怪我オーバーワークに繋がるので慎重に戻していくようにしましょう!

 

さて、話が脱線しかけたので戻しますね。

 

今回の実験では、三週間のディトレーニング期間を設けても筋量、筋肉、運動パフォーマンスは落ちないということでした。

 

この研究は青年期、大体20歳前後の人を研究対象にしていたので他の年齢の方を対象とした研究があればまた記事にしたいと思います。

 

では、今回はこんな感じで終わろうかと思います。

 

ご覧くださり、ありがとうございました!

 

 

過去記事

 

人気でした過去記事を貼っておきますので併せてご覧ください!↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

https://bibgraph.hpcr.jp/

 

読者登録お願いいたします!

 

モチベーションアップにつながります!下のボタンから登録よろしくお願いいたします!↓↓↓

一番下にブログランキングのバナーも張っておきますのでご興味があれば見てみてください!↓↓↓

 

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日