takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

プロバイオティクスが睡眠に与える影響は?

Instagram

こんにちは。takumaです。

 

f:id:tkm233:20200601143339j:plain

 

前回は、プロバイオティクスがタンパク質の吸収を増加させるのかについて記事にしました。↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

 

今回は、プロバイオティクスが睡眠に影響を及ぼすのかについて記事にしていきたいと思います。

 

プロバイオティクスパートの最後となります。

 

前回での論文では、プロバイオティクスの効果の影響による腸内環境の変化がタンパク質の吸収に影響を及ぼしました。

 

腸内環境の変化が睡眠にも影響を及ぼすことはあるのでしょうか。

 

では、本題に入っていきたいと思います。

 

 

 

 

背景

 

 

  • 不十分な睡眠は世界的な公衆衛生で問題となっている。プロバイオティクスの補給による腸内環境の変化が睡眠の改善をすることが示唆された。

 

 

方法

 

 

  • メタアナリシスなので省略。
  • 主観的および客観的な睡眠に対する測定。
  • 1980年~2019年10月までのオンラインデータベースを上記の項目で検索。
  • 合計14個の研究(20の試験)が分析に含まれた。

 

 

結果

 

 

  • ピッツバーグ睡眠品質指数が大幅に低下した。(睡眠の質が向上したことを示す。)
  • ポリグラフ、アンチグラフィー(測定するもの)を使用した結果、主観的または客観的な睡眠に有意な影響は与えなかった。
  • さらなる研究が必要。

 

 

結論

 

 

プロバイオティクスの知覚される睡眠の改善に効果はあるかもしれないが現在では主観的、客観的な効果はなく、現在の研究ではプロバイオティクスの補給は睡眠にはほとんど効果がない、という結果でした。

 

 

ピッツバーグ睡眠品質指数という指数での変化はあったことから数値上での多少の変化は見られると思いますが、個人で認識できるようなものではないのかなーという感じです。

 

プロバイオティクスの補給に睡眠の質の改善は求めないことが無難ですね。

 

睡眠の質を改善するには別の方法がありますので、プロバイオティクスの補給とは別々で考え、別々のことをしなければいけないようです。

 

今回は、腸内環境が整うことでの睡眠の質にはほとんど影響を与えないということがわかりました。

 

次回でプロバイオティクスのまとめとしたいと思いますのでぜひ次回も見ていただけると嬉しいです。

 

では、今回はこんな感じで終わります!

 

ご覧くださり、ありがとうございました!

 

 

おすすめ商品のご紹介

 

 

今回は、今日ジムが解禁されたということで個人的には必須アイテムでトレーニング中にいつも飲んでいるBCAAをご紹介したいと思います。

レーニング中の体力持続(筋持久力)、筋肉痛の軽減などのトレーニング中のメリットがたくさんあるのでぜひ試してみてください!↓↓↓

健康に気を付けながらトレーニング頑張りましょう!!

 

 

 過去記事

 

人気でした過去記事を貼っておきますので併せてご覧ください!↓↓↓

 

 

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

https://bibgraph.hpcr.jp/

 

読者登録お願いいたします!

 

モチベーションアップにつながります!下のボタンから登録よろしくお願いいたします!↓↓↓

一番下にブログランキングのバナーも張っておきますのでご興味があれば見てみてください!↓↓↓

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日