takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

プロバイオティクスがタンパク質の吸収を増加させる!?

Instagram

こんにちは。takumaです。

 

f:id:tkm233:20200601005515j:plain

前回はプロバイオティクスが健康に与える影響について記事にしました。↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

 

今回はプロバイオティクスが植物タンパク質からのアミノ酸吸収量を増加させるかついて記事にしていこうと思います。

 

植物タンパク質であれ、タンパク質の吸収を増加させることはトレーニングをしている人にはもちろん、してない人にもとても興味深い題材だと思います。

 

では、本題に入ります!

 

 

 

 

背景

 

 

  • 動物性たんぱく質は一般的に植物性たんぱく質と比較してより素早く吸収されるが、プロバイオティクスの影響による腸内環境の変化が植物性たんぱく質の吸収を増加させるかを評価する。

 

 

方法

 

 

  • 参加者は身体的にアクティブな男性15人。
  • えんどう豆タンパク質をプロバイオティクスあり、なしの2グループとプラセボグループの計3グループに分割。
  • 期間は2週間。
  • 血液サンプルの採取はベースラインから30分、60分、120分、180分で採取し、アミノ酸含有量を測定して。

 

 

結果

 

 

  • プロバイオティクス投与により、メチオニンヒスチジン、バリン、ロイシン、イソロイシンのBCAA、EAAの最大濃度に到達する時間が大幅に短縮された。
  • 植物性たんぱく質の欠点である吸収を促す重要な栄養戦略と結論付けられた。

 

 

結論 感想

 

 

プロバイオティクスが植物性たんぱく質の吸収を増加させることがわかりました。

 

BCAA、EAA必須アミノ酸の吸収を促進させることがわかりました。

 

植物性たんぱく質でしか実験していないので憶測にはなりますが、動物性たんぱく質の吸収もさらに早くするかもしれませんね。

 

考察としては、タンパク質の吸収は腸内環境で変わるので、腸内環境を改善→タンパク質吸収の増加ということになるかと思います。

 

そして腸内環境を良くすると食事誘発性体熱産生という人間に必ずある食事によるエネルギーの消費が活発に行われるらしいのでダイエットにも有効活用できそうですね!

 

規則正しい食事と組み合わせれば高い効果が発揮できそうです!

 

では、今回はこんな感じで終わります!

 

次回か次々回でプロバイオティクスのまとめとしたいと思いますのでぜひ次回もご覧ください!

 

ご覧くださり、ありがとうございました!

 

 

おすすめ商品のご紹介

 

今回は題材でもあるプロバイオティクスのおすすめの再掲フォームローラーの費用対効果が個人的に一番高いと感じたものをご紹介します!

フォームローラーは安価で場所を取らずどこでも、で転がせるいつも愛用しているものを紹介します。

ほとんどのジムにも置いてありますので、家で行いたい方はぜひ試してみてください!↓↓↓

 

 

p.s.

アマゾンで購入する際は商品名の先頭がメーカー、ブランド名。

写真の一枚目が商品単体のみの写真が使われているもの。

レビュー分布が★5から★1の順に少なくなるもの(F型)がいいらしいです。

特に上の2つは規約らしいので、できていない業者は怪しいらしいですのでお気をつけて!

参考までに!

ではでは。

 

 過去記事

 

人気でした過去記事を張っておきますので併せてご覧ください!↓↓↓

 

 

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

 https://bibgraph.hpcr.jp/

 

読者登録お願いいたします!

 

モチベーションアップにつながります!下のボタンから登録よろしくお願いいたします!↓↓↓

一番下にブログランキングのバナーも張っておきますのでご興味があれば見てみてください!↓↓↓

 

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日