takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

卵の消費量と死亡率ってどう関係するの?

Instagram

f:id:tkm233:20200523002644j:plain


こんにちは。takumaです。

前回はHMBの効果の性差はあるのかについて書きました。↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

 

今回は卵の消費量が脂肪率とどう関係するのかについて記事にしていきたいと思います。

 

卵は皆さんよく食べられると思います。

 

アミノ酸スコアが100の食材で良質なたんぱく質となっており、一般の方にはもちろん、トレーニングを行っている人にも重宝される食材ですね。

 

今回はそんな卵についての論文を記事にしていこうと思います。

 

では、本題に入ります!

 

 

 

 

背景

 

 

  • 卵と食事のコレステロール消費量と人間の健康と長寿に関連付けるデータはまばらである。
  • 卵とコレステロールの消費量と死亡の関係を将来を見通して評価することを目的とした。

 

 

方法

 

 

  • 1991年から2015年の間の中国の20歳以上の18,914人が調査対象。
  • 3日間の食事データを利用。
  • 週に1~3個、週に3~7個でグループ分け。

 

 

結果

 

 

  • 卵以外の食べ物から摂取したコレステロールと死亡率は正の相関を示したが、卵から摂取したコレステロールと死亡率は逆相関。
  • ナッツなどの豆類、赤身肉と比較し約9%ほどの死亡率が低下した。

 

 

考察 感想

 

 

卵の消費量と死亡率は逆相関ということがわかりました。

 

更に詳しく言うと、卵の消費量は死亡率に関係がなく、死亡率を下げる可能性があり、他の乳製品などに比べ死亡率が低下した、という結果になりました。

 

前までは、卵で摂取するコレステロールは多いため一日に2個までが限度、みたいなことが言われていましたが、コレステロールは体内での生成がほとんどで外部からの摂取は影響をほぼ及ぼさない、と聞いたことがあります。

 

こういった実験での結果で証明されたことなのでしょうかね。

 

なので結論としては、卵はいくら摂取してもいいわけではないですが、健康を害することなく、もしかすると死亡率が低下するメリットがあるのである程度までは一日に摂取していいということになりますね!

 

ただこの実験、週に7個が最大値なので最大でも一日に一個、摂取しているだけなので明確に一日何個まで摂取していい、ということは言えません。

 

健康を考えるなら、一日に一個まで摂取すれば良いと断言できますが、それ以上はこの論文に基づくと言い切れません。 

 

レーニングを行っている方などは一日にもっと多く摂取すると思います。

 

なので個人的な意見は一日に3個くらいなのかなと思います。

 

これに関してはめちゃくちゃ浅はかな根拠なので聞き流してください。笑

 

今回は、量を守れれば卵はメリットがある食べ物なので安心して食べて大丈夫ですよ、ということでした。

 

有益な効果のある良質な卵のおすすめを下に貼っておくのでどうぞお試しください!↓↓↓

 

 

そして、健康に堅実にいくなら1日個程度がいいですね、ということでした!

 

では、今回はこんな感じで終わりにします!

 

ご覧くださり、ありがとうございました!

 

 *この記事が必ず正しいという保証はないので参考程度に見ていただけると嬉しいです

 

過去記事

 

人気でした過去記事を張っておきますので併せてご覧ください!↓↓↓

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

https://bibgraph.hpcr.jp/

 

読者登録お願いいたします!

 

モチベーションアップにつながります!下のボタンから登録よろしくお願いいたします!↓↓↓

 

一番下にブログランキングのバナーも張っておきますのでご興味があれば見てみてください!↓↓↓

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日