takumaの"フィットネス"勉強ブログ

FITNESSに関連する正しい知識、役立つ情報を勉強しながら書くblog

MENU

CMとかでよく見るHMBって効果あるの?

Instagram

f:id:tkm233:20200512174040j:plain

 

こんにちは。takumaです。

前回はカフェインについてのまとめを書きました。↓↓↓

tkm233.hatenablog.com

 

今回はよくCMなどで流れてくる、これを飲めばすぐ筋肉がつく、かっこいい体になるというような売り文句であるHMBというものについての論文について記事にしていきたいと思います。

 

始めに簡単にHMBとは、について話して行こうと思います!

 

HMBとは必須アミノ酸のロイシンの代謝産物であり筋肉の合成と分解抑制を促進するといわれています。代謝率は5%程度と少ないので、直接摂取する方法が注目されています。

 

HMBとはこんな感じのものです。

とても魅力的な効果なのに代謝率が低いので、直接摂取すればいいじゃんという感じですね!

 

直接摂取によって効果は高まるのでしょうか??

 

では、本題に移ります!

 

 

 

 

 

背景

 

 

ロイシン代謝物である、αヒドロキシイソカプロン酸およびβヒドロキシβメチルブレード(HMB)は体組成および能力の抵抗トレーニング誘発性を増強するために提案されている。

 

 

 

目的

 

 

筋肉のレジスタンストレーニング誘発変化に対するロイシン代謝物の効果を評価するためランダム比較試験を実施すること。

 

 

方法

 

 

  • 40人の男性をランダムに選出。
  • HMB群とプラセボ群に分割。
  • 8週間行い、1セッションで7つのエクササイズを実施。
  • 検査項目は筋肉の厚さ、パフォーマンス測定値、血液測定値(クレアチンキナーゼ、インスリン、成長ホルモン、コルチゾール、およびテストステロン)。
  • ベースライン比較して4週目と8周目の終わりに計測。

 

 

結果

 

 

  • 時間依存的な変化が観察された。
  • 有意なグループ間相互作用は観察されなかった。

 

 

考察 感想

 

 

今回の研究では、HMBの効果はないということがわかりました。

 

時間依存的な変化ということは、結果的には実質的な変化がないということですね。

 

何を根拠に時間依存的、としているかはわかりません。

 

一日に3gのロイシンが筋肥大や分解抑制に必要と言われていますが、この研究では何g摂取させたとは書いていなかったのでこの記事だけで判断するのはあまり良くないかと思います。

 

あくまでこの研究結果のみの話なので、効果がないという可能性があるくらいの解釈でいいと思います。

 

HMBはハードなトレーニングをする人にしか効果がないということも聞いたことがありますが、果たしてそんなことが起こるのかなどの疑問もあります。

 

個人的にはサプリメントなどは飲んでいますが、ないよりはましだろう位の間隔で飲んでいるのでそこまで信用しきってはいません。

 

信用しきってはいませんが、実際効果はどうなのか気になるし、正しい知識をつけるためにも論文は読みます笑

 

なので、他にもHMBの論文で記事にしたいものがいくつかあるので続けて記事にしようと思います。

 

3つくらい記事にして、簡単にまとめてHMBについては終わろうかと思っていますので是非お付き合いください。

 

今回はこんな感じでおわります。ご覧くださり、ありがとうございました!

 

*この記事が確実という保証はないので参考程度に見ていただけると嬉しいです

 

過去記事

 

人気でした過去記事を張っておきますので併せてご覧ください!↓↓↓

 

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

tkm233.hatenablog.com

https://bibgraph.hpcr.jp/

読者登録お願いします!

 

モチベーションアップにつながります!下のボタンから登録よろしくお願いいたします!↓↓↓

個人情報の保護について

「http://ブログのURL」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2020年4月25日